これからの着物の販売方法のアイデア

現在、着物の文化というものは薄れてきつつあり、洋服がほとんどの日常生活を占めています。

私は、純日本人としてそれではもったいないと感じています。

では、着物が着ている人が少ない要因は何か?高価なイメージが非常に強いと考えており、そのイメージを払拭できればこれから着物を着る人は増加するのではないかと考えております。

アイデアとしては、着物のリメイクです。普段着なくなった服・売ろうとしていた服等の生地をリメイクし、着物をリメイクするという事です。芸能人がやっている情報は聞きますが、もっとリーズナブルな服をリーズナブルな値段ですると、世界にひとつしかない自分自身の着物が着れ、オリジナリティも出していけるのではないかと考えます。

また、その様な素晴らしい着物とリメイクする職人が団体となり、アパレル雑誌とのコラボレーションすれば、ヤング世代も興味を持ってくれる入口になると思っています。

中国製が多い中で、自分だけの着物をリーズナブルに日本の職人が作るとなれば、ブームの日も近いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です