正絹&ブランド物意外は期待薄

たんすの肥やしになってしまっている着物を売ろうとした場合、どうせ売るなら出来るだけ高値で売れれば嬉しいのですが、買った値段に比べて、びっくりするくらい安い事が多いです。

まず買い取りの査定の際に見るのはその着物の材質です。

一番高値が付くのはもちろん正絹の着物です。その他、化繊の着物等は安い値しか付かないので、数十枚でまとめて数千円等の値しか付かない場合も有ります。売るなら正絹の着物が良いと思います。次にその着物のブランド力、例えば大島紬や結城紬等の有名な産地の着物でしたら高値が付く可能性が高いです。

そして、加賀友禅等の有名作家の作品等でしたらかなり有望です。更に欲を言うなら着物と帯、長襦袢その他の付属品もすべてトータルコーディネイトされて揃っている着物でしたら数万円の値が付く可能性が大きいのでは無いでしょうか。

とは言う物の中々自分の家のタンスの中にそんな着物は無いと思いますので、着物衰退の今の時代、ほとんどの場合は決して高望みは出来ないという事になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です